本文へ→

土地家屋調査士とは

土地家屋調査士は、土地や建物がどこにあって、どのような形状か、どのように利用されているかなどを調査、測量して図面作成、不動産の表示に関する登記の申請手続などを行う測量及び表示に関する登記の専門家です。

国、まちづくりの基礎情報整備と個人の財産である土地・建物を守る。

HE002_L.jpg

高度情報化社会における土地家屋調査士業務 

土地家屋調査士は不動産の調査・測量をとおして中央・地方行政・地域社会との連携を深め、高度情報化社会に対応すべく不動産表示登記情報の整備を行っています。

事後検証社会における職能倫理の確立に向けて

現代社会は、各分野におけるコンプライアンス(法令順守)を重視する事後検証社会です。土地家屋調査士は不動産表示登記情報の正確性の維持を実現するために、職能倫理の明確化に努め、土地の境界に関する紛争に適切に対応できる職業意識を確立します。

地籍情報としての不動産表示登記情報作成業務

登記記録や登記所備付地図の電子化によって、登記事務効率化とともに表示登記の義務が一層促進されることにより、登記情報は「世界的標準の地籍情報(Cadastral Information)」の位置づけを獲得することになります。土地・建物などの不動産取引に欠かせない地籍情報を生み出す土地家屋調査士業務は、税の公平性の観点からもその重要性を増していくでしょう。

国民の権利を明確化するとともに、行財政施策の構築に資する。

EQ003_L.jpg

時代の要請に応える土地や建物の表示登記申請業務

相続や不動産の取引において、その権利や地位の保全を図るには、表示に関する登記の正確さの確保は必要不可欠です。また、土地や建物の現状を登記記録等に正確に反映させることは、企業等による開発や公共事業を円滑に進めるため、適切な資産管理の面においても重要です。土地家屋調査士は、表示に関する登記申請の代理業務を行う唯一の専門資格者として、半世紀を越える実績を積み上げてきました。

 表示登記制度の更なる充実に向けたオンライン登記申請制度の構築

近年、不動産登記法の改正によりオンラインによる登記申請が可能となりました。オンライン申請の普及により、遠く離れた場所にある登記所への登記申請や登記事項証明書等の取得の際にも速やかに入手可能となるなど、登記行政サービスの一層の向上が期待されています。

HC054_L.jpg

土地家屋調査士が作成する不動産調査報告書

土地家屋調査士が代理人として登記の申請をする際に添付する『不動産調査報告書』は、不動産登記規則第93条に定めのある公的な性格を持つものです。登記申請時に実地調査権のある登記官に報告することで実地調査の要否を判断する重要な情報として位置づけられており、登記申請制度の効率的運用に寄与しています。

地積測量図や建物図面の作成業務の新たな形態

近年は、地理空間情報技術の進歩とともに、土地や建物についての公示情報が様々な社会施策の基礎情報としての性格を帯びるようになっています。専門資格者である土地家屋調査士が作成する地積測量図情報、建物図面情報の果す役割は益々増大しています。

正確な地図を整備し、住みよい国づくりの基盤を確立。

da-309079.jpg

立会業務に重点をおいた地図整備作業の新たな手法の開発

不動産取引及び土地利用に関する社会変動を迅速且つ正確に把捉するためのツールとして、正確な電子地図は欠かせません。
しかし、日本においてはこの電子地図が完備されているとはいえない状況にあり、法務省・国土交通省等による「民活と各省連携による地籍整備事業」が進められています。
土地家屋調査士は、地権者の立会確認業務の専門職能としてこの事業に参画しています。また、従来の技術では筆界の復元が困難な地域において衛星測位技術等を整備するなど、研究所、技術センター、データセンター等の各部門が一体となって新しい測量技術の研究開発に邁進しています。

da-309010.jpg

最先端技術による不動産調査・測量情報の効率的な整備

地積測量図等の情報は登記所備付地図の整備を促進し、地理空間情報の基礎情報としての利用が期待されることから世界測地系で表現されることを原則としたものです。
土地家屋調査士が作成する地積測量図は、それ自体が電子地図の要件を満たしている地図として、地図作成事業の一環として捉えることができます。

土地家屋調査士とは